mactisの経済ブログ

ある銀行員が金融メジャーリーガーを目指して格闘するブログ

平凡銀行員が見た、金融メジャーリーガーの存在

こんにちは、mactisです。

ずっと仕事のモチベーションが上がらなかった私ですが、ひとつの働き方を目にして希望を感じました。

今回は私のモチベーションを劇的に変えた人々、「金融メジャーリーガー」について書いていきます。

 

 

銀行員として働き、資本主義社会の現実を目の当たりにして潰されそうになっていた私ですが、遂に希望を見つけることができました。

 

それが「金融メジャーリーガー」の存在です。

 

金融メジャーリーガーに出会ったのは業務中であり、偶然のことでした。

 

 

 

私は普段、賃貸用物件の融資審査をメイン業務として働いています。賃貸用物件を購入したいと考える人は大きく3タイプに分かれます。

1つ目に、先祖代々から土地を所有している地主。このタイプの人は相続税の圧縮のために持っている土地にアパートを建てようとします。生まれた時から資産家でそんなに努力しなくても生きていける人たちなのでずるいなあと会うたびに思います。

しかし、増税の影響などもあり生活が厳しくなっているような人も出てきています。実際に返済に苦しむ地主も目にしているので今度書いてみたいと思います。

 

2つ目に、給与以外に収入が欲しいという一般のサラリーマン。このタイプの人は土地も建物も購入しなくてはならず、自己資金をかなり入れてもらうか、よっぽどの資産背景がなくては審査が通りません。頭金がなくても収益物件が買えるかのような広告を最近たくさん見かけますが、資産背景のない人にそんなサービスはありません。金利の高いノンバンクなどでは借りられるのかもしれませんが、その後の返済が厳しいような気がします。

 

そして3つ目に、給与が高いために多額の所得税を払わなくてはならない医者や弁護士、ビジネスエリートです。彼らはものすごい高給取りであるために多額の所得税を納めています。節税策としてマンションを一棟購入するというケースが多いのです。彼らは減価償却ができるだけ大きくなるような物件を好んで購入します。そして費用計上することで所得税の節税を図っているのです。

このタイプの人々はたいてい裕福な家庭で育ち、素晴らしい教育を受けたスーパーハイスペックです。しかし、決してそれだけではなく地道な努力が華々しい成功の陰にあることも忘れてはいけません。その点が他の2つのタイプとの違いだと思います。

 

そして、ビジネスエリートの中でも金融業界で成り上がっていった人々が金融メジャーリーガーです。

 

言葉の通り彼らはメジャーリーガーのような金額の報酬をもらいます。そして大半のメジャーリーガーの引退が30代であるのに対し、能力がある限り彼らに引退はありません。

 

 

そんな金融メジャーリーガーに私はばったり出会ってしまったのです。

 

 

衝撃的でした。

これまで働いてきて資本主義の現実を知り、サラリーマン人生とはなんて夢のないものなんだろうとこれからの社会に希望を見いだせずにいた私でしたが考え方が変わりました。

もちろん外資系金融機関の人々がかなりの報酬をもらっていることは知っていました。しかし、実際に確定申告書を見る前まではどこか現実味のないものとして映っていたのだと思います。

 

金融メジャーリーガーを知ったときの私の思いは

 

なりたい!!!!

 

この一言に尽きます。

報酬はその人の働きの大きさを表していると思います。より多くの報酬をもらえる人になりたい。そのために努力し続けるのは一生を使うに値することじゃないかと思うようになりました。

 

金融メジャーリーガーのようなビジネスエリートだけでなく、事業会社のオーナーやとんでもない資産規模を誇る地主。

いろんな人に会うことができるのが銀行員です。いろんな人に会うことでその人々の生き方を知ることができます。私が銀行でなく、メーカーや商社に入っていたら、こんな考えは持たなかったでしょう。

平凡にサラリーマンをやって人生を楽しんだかもしれません。見なくてもよいものだったかもしれません。劣等感を感じることなく過ごせたかもしれません。

 

それでも、私は資本主義の成功者たちを見ることができてよかったと思います。

一度きりの人生ですからね。資本主義の成功者の仲間入りをしたい。

 

金融メジャーリーガーに俺はなる!

 

新入社員が考えたい飲み会で得られる価値

こんにちは、mactisです。

今回は社内の飲み会で得られる価値について。

 

私は会社の飲み会が好きじゃありません。

ものすごく気を遣うし、上司の話長いし、自分の時間無くなるし。

俺じゃなくてウェイターに頼めよ!とか。瓶ビールと小さいグラスじゃなくて生ビール頼める店にしろよ!とか

 

 

不満はたくさんあります。

 

 

しかし、この前参加した飲み会をきっかけに参加する価値がわかってきました。

 

その飲み会は歓送迎会の二次会でした。

二次会にも先輩方が多く参加されるとのことで私ももちろん参加するものだと思い、ついていきました。

しかし、着いたらなんと若手はほぼみんな帰っており、支店長や副支店長、課長クラスがたくさんいるという状況。

 

これは、、、めんどくさい、、、。

 

同期はなんで帰ってんだよと内に燃え出すイライラとこれはやってしまったという後悔を抱くも、着いてしまったからには帰るわけにはいきません。

 

めんどくさい飲み会に来てしまったと思いつつも先輩方や支店長と話していくにつれて業務上の考え方やお客さんとの接し方などのアドバイスをもらえたり、業務中には話さないプライベートのことなどを聞くことができ、ぐっと距離が縮まりました。

 

結果として、飲み会に参加することで得られる価値に気づきました。

 

考えた結果こんなところが挙げられるかなと思います。

◯先輩からのアドバイス

◯職場での円滑なコミュニケーション

◯年上の人に対する会話スキル

 

ひとつづつ思うところをまとめていきます。

 

 

 

 

◯先輩からのアドバイス

先輩は当然に新入社員よりも忙しいです。業務時間中に付きっきりで教わることは難しいでしょう。先輩は限られた時間の中で時間を割き、業務を教えてくれています。

しかし、飲み会の席は業務時間ではありません(若手にとっては気を遣い続けるという苦行であり、業務以上に面倒かもしれませんが)。なんでも聞くことができますし、時間の制限は2~3時間とたっぷりあります。

業務上で自分の悩んでいることは先輩も数年前に経験しています。その経験を話してもらうことで自分の抱えている障害を先輩の力ではねのけることができます。つまり、先人の知恵を借りることでより先に進むことができるのです。

つまらないところで悩み、つまづいている暇があったら先輩から解決策を聞いて、どんどんスピード上げて仕事した方が自分の成長につながります。

 

◯職場での円滑なコミュニケーション

自分も含め大概の若手は飲み会の参加にしたがりません。だからこそ参加しているだけで、「お!こいつはいいやつだな!」的な感じで思われます。

また、業務時間中はなかなかできないプライベートの話も知ることができ、先輩や上司との距離がぐっと近づきます。そして飲み会で近づいた距離感は職場でものすごく活きてきます。

仲の良い人と悪い人だったらどちらに話しかけやすいかといったら答えは自明です。

当然に飲み会で距離の縮まった上司・先輩には職場で困っているときにも声をかけやすくなります。悩んで仕事が進まないという状況に陥ったら率先して教えてもらいにいきましょう。職場での円滑なコミュニケーションを生み出すために飲み会に参加して距離を縮めるというのは有効です。

 

 

◯年上の人に対する会話スキル

新入社員にとって社会には年上しかいません。新入社員だけでなく、すべての社会人に年上の人との付き合いは付きまといます。

お客様もそうですし、自分の評価を決定する上司も年上が多いでしょう。年上の人との対話スキルは数をこなすことでしか得られません。

私自身、学生の頃は同年代との付き合いしかなく、仕事をしてからどのように上司と接すればいいのか分からず苦労しました。しかし、飲み会の席で何度も話すうちに対応の仕方がわかり、話の目線を合わせていけるようになりました。

自分の気の合う仲間とだけ仲良くしてればよかった学生時代とは違い、これからの社会人生活は幅広い年齢層の人と仕事をしていかなくてはなりません。あらゆる人に対応できることは仕事のしやすさに直結します。

仕事のしやすさは効率的に仕事をするのに非常に重要です。仕事のしやすい環境を作るためにもこのスキルは身に着けておくべきだと思います。

 

 

以上、飲み会に参加することで得られる価値をまとめてみました。

どれも共通するのは「自分の成長につながる」ということだと思います。家で資格の勉強をしていた方が成長できるという考えもあるかもしれません。しかし、仕事は個人で行うものではありません。周りの上司・先輩と連携しあって仕事を進められる人と、個人で悩んでなかなか効率よく進められない人とではどちらが良い仕事をできるようになるでしょうか。

会社の飲み会をだるいなあと思って参加するのも、学んでやるぜと思って参加するのも同じ3時間・同じ3,000円です。どうせ同じなら、その飲み会で上司・先輩から盗めるところを盗みまくりましょう。

これからのすばらしいキャリアを形成していくためにも飲み会をツールとして使い倒しましょう。

 

会社の愚痴だけ上司の自慢だけで終わる飲み会だったら行く価値なし!!

 

 

 

 

こんな記事も見られてます。⇓

 

keizaihakase.hatenablog.com

keizaihakase.hatenablog.com

短期間で合格を勝ち取る!宅建の具体的な勉強法

こんにちは、mactisです。

今回は宅建試験の具体的な合格への道を探っていきたいと思います。

 

 

 

私の持論に

とんでもなく難関でなく、暗記が得点のメインを占める試験であれば、やりこみさえすれば確実に受かる。

というものがあります。

 

銀行に入ってからの試験では大した試験を受けていないため、あまりやりこんでこなかった私ですが、次に受ける宅地建物取引士試験は少し力を入れる必要がありそうなので計画を立ててみました。

 

◯勉強法

さらっと教科書を読む→問題集を解く→教科書で確認→問題集を解く→教科書で確認→問題集を解く、、、、

どの試験もこれに限ると思います。

事前知識がないものはある程度の知識を入れないと問題を解くのに障害が多く、非効率になりがちです。さらっとでいいので教科書に目を通しましょう。

教科書に目を通した後は、問題を解いてわからなかったものを確認する。このスパイラルを何回まわせるかで試験に合格できるかが決まると考えています。

 

◯教科書

FP、簿記の勉強でかなりお世話になった『みんなが欲しかった!〇〇の教科書』シリーズを今回も使っていきます。この教材は取っつきやすく勉強したくないなーと怠けてしまう私にはぴったりで、かなりの信頼を置いています。

みんなが欲しかった! 宅建士の教科書 2017年度

みんなが欲しかった! 宅建士の教科書 2017年度

 
みんなが欲しかった! 宅建士の問題集 本試験論点別 2017年度

みんなが欲しかった! 宅建士の問題集 本試験論点別 2017年度

 
みんなが欲しかった! 宅建士の12年過去問題集 2017年度

みんなが欲しかった! 宅建士の12年過去問題集 2017年度

 

 

◯学習期間

75日間!

7月末が郵送での申込締切であり、8月から始め10月半ばに試験なのでざっと2ヶ月半。75日となります。

75日間の内訳は

土日が20日 祝日が4日 平日が51日となっています。

当たり前ですが平日は勉強時間が多くとれないので勉強は少なめ、休日にまとまった時間を確保して勉強する作戦です。

 

◯具体的にどう勉強するか

 「問題を解いて、教科書で確認する」というスパイラルを何回まわせるか検証してみます。

 まずは問題数がどれくらいあるか確かめる必要があります。

◯問題集

宅建業法   101問
・権利関係     87問
・法令上の制限   58問
・税・その他    44問

      合計290問

◯過去問
50問×12年分=600問

 

これを75日間でまわしていくことになります。

 

まず平日は勉強時間が多く取れないので問題集を地道に解いていきます。

1日20問解くことにすると試験日までに

51日間×20問で1,020問解くことができます。

問題集の問題数は290問なので1,020÷290=3.51周まわすことができます。

やる気のでない日や飲み会が入ることを考えても3周はまわせそうです。

 

次に24日間の休日の勉強を考えます。

休日はまとまった時間をとることが可能なので問題集ではなく、過去問に手をつけることにします。

過去問は12年分あるので1日1年分解くことで過去問を2周することができます。

 

問題集3周、過去問2周もやり込めばかなりの知識の定着が見込めます。これで受からなかったら宅建が相当難しいか、私の頭が相当おかしいかのどっちかなはず!

しっかり計画立てたのできっと受かるでしょう!

 

そうこうしてる間に75日のうちの貴重な1日が消えました。明日からがんばろ。