mactisの経済ブログ

ある銀行員が金融メジャーリーガーを目指して格闘するブログ

現金主義まだ続けますか?

こんにちは、mactisです。

今回は決済手段の話です。

 

私は買い物のほとんどをSuicaでおこなっています。使えない場合はクレジットカード。飲み会での割り勘くらいでしか現金を使うことはありません。

 

そんな生活を続けており、私は現金のない生活の方が明らかにお得で便利だと断言することができます。しかし、日本ではお金を貯めていくには現金が一番!というような風潮がまだ根強くあります。

実際に私の周りも現金至上主義者がたくさんいて、みんな口を揃えて言います。

「現金じゃないと支払った金額が目に見えない。」

なるほど。その考え、尊重します。

 

 

でもちょっと考えて頂きたい!

この時代に小銭ジャラジャラってダサくない?笑

 

 

 そんなわけで今回は現金を使わないことのメリットをまとめました。

 

ざっと挙げるとこんな感じでしょうか。

  1. 財布がスリムになる
  2. 支払いがスムーズ・早い
  3. ポイントがたまる

 

 

 1.財布がスリムになる

これは当たり前ですね。たまにパンパンの財布を持ち歩いている方を見受けますが、あれがなくなります。

基本的に支払いで小銭を使うことがなくなるため小銭が少なくなります。小銭の量が少なくなれば財布がスリムになる、というのは必然です。

モノのかっこ良い悪いは人それぞれですが、私はかっこ悪いと思います。

ホリエモンこと堀江貴文さんは財布すら持ってないって話がありますしね。そこまではちょっとな、、、と思いますが荷物が少ないのはスマートでいいですね。

まあ何にしろ、パンパンの財布とスリムな財布どちらを選ぶかはみなさんにお任せいたします。

 

2 .支払いがスムーズ・早い

1つ目のメリットでは現金主義だけどパンパンの財布なんて持ってねーよって方を無視してしまった感があります。しかし今回のメリットはどうでしょう。

いくら小銭計算が素晴らしく早い人でも、電子マネーのスピードにはかないません。

 

「466円でーす」という店員さんの声に瞬時に反応し、最速でぴったり支払いをする、もしくは511円を差し出し55円のお釣りをもらう。そんなおじさんを通勤ラッシュ時のコンビニでよく見るのは私だけでしょうか。

どんなに速いおじさんの小銭計算も私の「Suicaでお願いしまーす」からのピッ。には勝てません。

買い物の醍醐味は最適最速の小銭計算でしょ!って方はどうぞこれからも買い物を満喫してください。そうではない方、財布をバッグから探す手間、1円玉を効率よく出す手間、うまくお釣りを出すための計算、全て省いた方が楽ではないでしょうか?電子マネーにはこれらからあなたを解放するチカラがあります。

 

 3.ポイントがたまる

 このメリットがかなり大きいです。電子マネーでの支払いではポイントがたまります。

楽天Edyでは200円につき1ポイント、セブンイレブンnanacoカードでは100円につき1ポイントといったように買い物をするとポイントがもらえます。

預金をしても0.001%というこの時代に0.5〜1%のポイントが還元されます。

 

私の場合、月の支出は15万円ほどです。全て電子マネーで支払うのは難しいのですが、10万円ほどは電子マネー・クレジットカードで支払えます。1%のポイントがもらえるとすると月々1000円分のポイントが手に入ります。1年間だと単純計算で1万2000円分お得になります。

1万2000円あれば1泊2日の旅行に行くことも、ディズニーランドに行くこともできます。

現金での支払いをやめるだけで楽しみが生まれると思いませんか?

 

 

 今回は現金主義を変えることで得られるメリットを考えました。

スマートにかっこよく楽しい買い物を意識してみてはいかがでしょうか?