mactisの経済ブログ

ある銀行員が金融メジャーリーガーを目指して格闘するブログ

ポイントを効率よく貯めよう

今回は毎日の生活で目にしないことはないポイントの話です。

 

みなさんはどんなポイントを貯めているでしょうか。ポイントなんて企業の戦略の一つでそんなのには騙されないぜという方もいらっしゃいますが、とんでもない。

ポイントのために買い物していたら本末転倒ですが、毎日の買い物をする場所を統一していくことでとてもお得になるのです。

 

今回のキーワードは「統一」です。

大量に出回っている各社のポイントを自分の生活に役に立つポイントに統一しようということです。

 

ここからは私の例で話を進めていきます。

私が最終的に統一しているポイントはANAのマイルです。私がどのようにANAマイルを貯めているか、いくつかに分けて考えていくことにします。

 

1.SuicaANAカードでの買い物

以前の記事にあるように私は現金での買い物をほぼしません。

keizaihakase.hatenablog.com

 私は基本的にはSuicaを使って買い物しています。Suicaプリペイド式であり、チャージをする必要があります。

そのチャージをANA・VISA・Suicaカードで行っているのでANAマイルが貯まるのです。

1,000円につき10マイルが貯まるので1万円チャージで100マイルを貯めることができます。普段の買い物で現金から電子マネーに変えることでポイントを効率よく貯めることができるのです。

 

2.Tポイントをマイルへ交換

マイル以外のポイントとしてTポイントを貯めています。しかし、Tポイントをそのまま利用するのではありません。ここでも「統一」。Tポイントは500ポイント以上から500ポイント単位でマイルに交換することができます。交換は500ポイント⇒250マイルとなります。ですから、私はコンビニなどで昼ごはんを買う時は基本的にファミリーマートを利用してTポイントを貯めています。

同じお弁当や飲み物を買うのならTポイントが貯まるコンビニで買うということです。

 

3.銀行取引でポイントゲット

私は埼玉りそな銀行住信SBIネット銀行の2つをメインに使っていました(今は自分の銀行がメインです)。銀行とポイントってあまり聞きなれないのですが、銀行もポイントサービスを提供しているのです。

埼玉りそな銀行の場合はりそなクラブポイントというポイントが貯められます。これはインターネットバンクにログインしたり(5ポイント)、給与を受け取ったり(20ポイント)することでもらうことができます。

SBIはコンビニATMでの手数料が無料だったりと使い勝手がいいのですが、ポイントをANAマイルに統一するという観点では利用できないのでポイントは貯めていません。

 

 

このように日々の生活でポイントを効率よく、お金をかけずに貯めていき、自分の貯めたいポイントに「統一」することでいつもの日常をお得にすることができるのです。

私はとりあえずマイルを貯めて、海外旅行にいきたいものです。

 

皆さんも「統一」することを意識してポイントを貯めていきましょう。