mactisの経済ブログ

ある銀行員が金融メジャーリーガーを目指して奮闘するブログ

インフレは本当に起きるのか

こんにちは、mactisです。

今回は毎日のように新聞で目にするインフレという現象についての話です。

 

 

「2%のインフレ」

このフレーズをここ数年、毎日のように見ている気がします。しかし、それと同時に物価の伸び悩みもまた毎日のように報道されていす。はたしてインフレは起こるのでしょうか。

 

結論から言うと私はインフレは必然だと考えています。

インフレとは物の価値の上昇のことを言いますが、物の価値とはお金で表されます。今、日銀が一生懸命行っているのは市場にある国債を日銀が買うことでお金を市場に増やす政策です。そうなるとお金がどんどん市場に増えていきます。あらゆるものは需要と供給によって価値が決まり、供給が増えると価値は低下します。

つまり、お金の量が増える=お金の供給が増えることになるのでお金の価値は低下します。それによって相対的に物の価値は上昇、インフレが起こるのです。

 

でも全然インフレ起きてないじゃないか、と思われる方も多いでしょう。

これは原油価格の下落等の要因もありますが、企業がお金をあまり使っていないことも理由として挙げられます。

 

日銀が国債を買うと国債の売り手である金融機関にお金が入ります。お金の入った金融機関はそれを収益拡大のために運用することを考えます。金融業界のメインプレイヤーのひとつである銀行はお金を貸すことが運用の大部分を占めます。どんどんお金を貸すように動き出します。

しかし、好況とは言えない現在、資金需要が増えているわけではありません。そのため現状、企業は銀行からの借り入れを増やすという行動には現状結びついていません。好況になれば企業は労働者への給与支払いを増やします。労働者の給料が増えれば、たくさんものを買うようになり、物に対する需要が高まります。そうして物価上昇が起こっていくのです。

 

わかりやすく言うと、お金の流れは

日銀→金融機関→企業→個人→企業→個人・・・・・・・

のようになる予定だったのです。

 

しかし、現状は日銀の予定通りには進んではいません。

 

ですが、私は長期的に考えるとインフレは確実に起こると考えています。というのも世界の資源の供給量の限界と需要の高まりに根拠があります。

 

日本は資源の少ない国です。食糧も化石燃料も鉱石も海外からたくさん輸入しています。つまり、日本の物価は海外の資源の価格に強く影響を受けるわけです。

今後、日本では少子化がより進み、人口減少は避けられない状況です。しかし海外に目を移してみるとどうでしょう。人口は70億人を超え、2050年までには96億人に達するとされています。これを考慮するとどのようなことが言えるでしょうか。

 

まず96億人になると現在よりも30%以上増えることになります。食糧に対する需要も当然に増えることが予想されます。現在の食糧生産高がそれと同程度増えれば問題ありませんが、今現在も食糧問題は深刻な問題の一つです。この現状を考えると食糧の価格は間違いなく上昇するといえるのではないでしょうか。

 

新興国の経済はどうでしょう。東南アジアや南米、アフリカとめきめきと経済は拡大していきます。当然石油も鉄も使う量が増えるでしょう。それらの資源需要が増えることで化石燃料や鉱石の価格上昇も避けられません。

 

このような状況を考えていくとものすごい変革が起きない限り、食糧価格・資源価格は上昇し続けるでしょう。それらの価格が上昇するということは輸入に頼る日本の物価も上昇するというのは容易に考えられます。

 

インフレの起きる確率、高いと思いませんか。

 

実感はしていませんが、数十年前の物の価格と今の価格を比べてみるととんでもない差があることは明確です。

実際にインフレが進んでいるとは言えない現在ですが、対策を打っておくことは必要であると考えます。ぜひともインフレに耐えられる資産のポートフォリオを作っていきたいものです。