mactisの経済ブログ

ある銀行員が金融メジャーリーガーを目指して奮闘するブログ

毎月積立投資で資産運用

こんにちは、mactisです。

今回は毎月積立投資の話です。

 

 

 

 

投資が必要、預金はする必要ないといった記事をいくつか書いてきて、私の具体的な資産運用の話が全くないことに気づきました。今回は私の運用について書いていこうと思います。

 

私は毎月給料が入ったら投資用として2万5千円を給与口座から別の銀行に移しています。給料が入ったらすぐに銀行を分けることで投資と消費を明確に分けて、「今月は出費多いから投資しないでいいや」という甘えに打ち勝つことができます。

この2万5千円は日本株式・日本債券・海外株式・海外債券・海外REITのインデックスファンドに5,000円ずつ振り分けています。

 

私の財布事情はかなり脆弱なので投資だけでなく、預金も投資と同じ金額積み立てています。やっぱりキャッシュがないと突発的な出費に対応できませんからね。

今後は預金がある程度増えてきたら投資を増やしていきたいと思っています。

 

 

また、今回のタイトルにある通り私は毎月積み立てで投資商品を買っています。

この定期的に同じ金額の買い付けを行う投資方法をドル・コスト平均法といいます。

この投資方法で投資をすると必然的に商品の価格が高くなった時には買う量が少なくなり、商品の価格が下がった時には買う量が多くなります。

どのタイミングで買えば割安かを自分で判断するのは非常に難しく、マーケット情報をチェックしたりと日々の勉強も必要になります。しかしこの方法で投資をすることで合理的な運用を勝手に行うことができるのです。

 

そのため毎月積み立てで投資を行うのは私を含み、投資初心者にとってとても始めやすい投資方法だといえるでしょう。

 

どの証券会社でも毎月積み立てでの投資商品購入はできます。すぐに証券口座を開いて始めてみましょう。何事も早く始めるに越したことはありませんが、資産形成においては早く始めることはそれだけでメリットです。