mactisの経済ブログ

ある銀行員が金融メジャーリーガーを目指して奮闘するブログ

飲み会の幹事、嫌な仕事をチャンスに

今回は飲み会の幹事の話です。

 

 

飲み会って多くの職場でありますよね。楽しいものもあればそうでないものもあります。

しかし、つまらないからって避けられない飲み会も多くあります。そんな飲み会を少しでもお得にする方法を紹介していきます。

 

1.ホットペッパーでポイントゲット

 幹事になったらお店選びをしなくてはなりません。ここで、絶対やってもらいたいのがネット予約です。お店に電話で予約を入れてもポイントはゼロです。しかしホットペッパーを使って予約することで1人当たりポンタポイントが50ポイントもらえるのです。普段はTポイントを貯めている私もこれは嬉しすぎます。

20人の飲み会だったら50×20人で1000ポイント。お昼ご飯1〜2食分をポイントで支払うことができるのです。さらに予約するコースによってはポイントが5倍になるものもあります。

予約方法を変えるだけでがっつりポイントをゲットできるんです。

 

2.会計でクレジットカードポイントゲット

 幹事の特権の1つに会計が挙げられます。後でお金を集めなくてはいけないし、部長や課長、係長と年功序列の会費を設定しなくてはならず面倒な作業の1つでもあります。

しかし、ここでクレジットカードを使うことで自分の払う金額以上のポイントが貯まります。20人で3,000円のコースを予約した場合だと

20人×3,000円=60,000円

の支払いになります。

 

1%還元のクレジットカードだったら600ポイント貯まります。

自分の負担額は3,000円であり、本来なら30ポイントしか貯まらないものの20倍のポイントを得ることができるのです。

これも幹事の手数料としてしっかりもらうべきですね。

 

以上、ざっと幹事の特権をまとめてみました。

面倒な幹事を引き受けたからには特権をフル活用して仕事に見合った報酬をもらいましょう。