mactisの経済ブログ

ある銀行員が金融メジャーリーガーを目指して奮闘するブログ

MoneyForwardで資産を一括管理

今回はアプリを使った家計管理についてです。

 

私は現在、MoneyForwardというアプリを使って毎月の家計を管理しています。かなり多くの方がアプリを使って家計管理をするようになっているのではないでしょうか。

 

今回はMoneyForwardの良いところをまとめていきたいと思います。

 

1.自動で支払いを入力してくれる

これが私が使っていて最も便利だと思う機能です。登録している銀行やカード会社、電子マネーなどは自分で支払の度に記入しなくてもいいんです。毎月の給料から貯蓄分を別の銀行に移したとしても自動で振替扱いにしてくれていたり、ドトールコーヒーでの毎日の朝ごはんもドトールバリューカードを登録しているから自動的に行ってくれます。今までの家計簿アプリでは手持ちの財布の動きのみしか把握できず、さらに支払の都度いちいちアプリで入力をしなければならないというのが不便でした。しかし、MoneyForwardは現金の利用以外のほぼすべての支払を自動的に入力してくれるのです。飽きっぽい私にとっても嬉しい機能です。

 

2.毎月の予算を決めて毎日残りを確認できる

MoneyForwardでは毎月の予算を全体での予算だけでなく、交際費や食費、日用品などに分けてそれぞれの予算を決めることができます。これはかなり使い勝手が良いです。毎月の予算を各項目に分けて把握することで、それぞれの使いすぎを予防できます。今週は飲み会が続いてしまってるから来週以降は控えておこうとか、ランチでいつもより多く使ってるなとか。数字として確認することで抑えなきゃという気持ちにつながります。また、それとは逆に予算を下回っている状況だと予算との差額を来月の投資分に回そうといったこともでき、節約により力が入ります。

 

3.資産総額を一括管理することができる

皆さんは自分の資産がどのくらいあるのかって正確にわかるでしょうか。預金がどのくらいあって、株や投資信託をいくら持っていて、そしてポイントがいくら分ある。そういった種類の異なる資産をMoneyForwardではアプリ上で一括管理することができます。それだけでなく持っている資産をどのような内訳でどのような割合で保有しているのかもわかります。そうすると自分の資産ポートフォリオの厚い部分と薄い部分が明確になります。それに合わせて今後の運用比率を変えたりと最適なポートフォリオづくりができるのです。

 

以上3つほど私の考えるMoneyForwardの良いところを挙げてみました。これまでは何となくで管理しがちだった資産を数字で明確に記録していくことができるというのがこれまでにないサービスなのではないでしょうか。

管理を容易にして、ぜひとも資産形成につなげたいですね。