mactisの経済ブログ

ある銀行員が金融メジャーリーガーを目指して奮闘するブログ

日興-ラサール・グローバルREITファンドの1月決算

こんにちは、mactisです。

 

今回は毎月報告していくと決めました、毎月分配型投信の運用成績について報告いたします。

 

 

まず、今回が初めての報告ということで、私が持っている毎月分配型投信について紹介したいと思います。

私が持っている毎月分配型投信は「日興-ラサール・グローバルREITファンド(毎月分配型)」です。このファンドは世界各国の不動産投資信託を中心に分散投資を行い、毎月5日が決算日となっています。そして重要な毎月の分配金は60円でした(過去形なのは後ほど説明します)。

2004年3月26日に始まっているこのファンド、初めは1万円ほどの基準価額でしたが、2016年1月6日現在で2,940円まで下落しています。基準価額の騰落率でいうと-70.60%と非常に悪いパフォーマンスです。

 

ではなぜ私はこのファンドを買っているのでしょうか。

それは騰落率では確かにマイナスではありますが、トータルリターンでいうと78.26%という結果を残していること、直近5年間の基準価額騰落率は-13.50%と落ち着いていることを考えると安定してきているのではないかと考えたからです。

それとは別に実際のところ儲かるのかどうなのか知りたいという思いが最も大きいです。半分遊び感覚です。笑

 

毎月安定して60円の分配金を出し続けていたこのファンドですが、1月決算で大きく方向転換しました。

それが、分配金の減額です!

なんと1月の分配金が40円となったのです。これはかなり大きなインパクトを私にもたらしました。運用環境がかなり悪化しているのではないか、これを機に多くの人がこのファンドからお金を引き上げてしまうのではないか。不安が拭いきれませんが、まあそんなに金額積んでいるわけでもないし遊びみたいなもんだしまあいいかと思い今後も少しずつ投資していくつもりです。

今までが無理をしすぎていて、これで安定的に運用ができるようになったのではないかとプラスに考えることにします。

 

私の1月の成績は

元本 79,830口 

普通分配金 319円

元本払戻金 0円

税引き後収益分配金 256円

再投資数量 870口

再投資後の残高 80,700口

 

でした。

来月に向けてどうなるか、注視していく必要があります。