読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

mactisの経済ブログ

現役銀行員が経済情報や日常のお得を綴っていく日記

銀行員の9連休

銀行員生活 旅行

こんにちは、mactisです。

 

今回は銀行などの金融機関特有の休暇制度である連続休暇について紹介します。

 

・連続休暇とは

通常の企業では基本的にお盆休みがあり、その期間は全社的にお休みになるかと思います。

しかし、銀行にはお盆休みが存在しません。銀行がお盆休みに営業を停止してもなんの影響もないだろ、私個人は思うのですが昔からの決まりらしいです。昔からの決まりでいえば以前は年末も大晦日まで営業していたらしいのですが、現在は営業していません。その点はどうなんだろうなとこの記事を書いていて感じています。とにかく決まりらしいです。

 

その代わりにいつでも自分の好きな時に長めの休みをとっていいよという休暇が連続休暇です。この休暇は建前上では銀行員が不正を行っていないかをチェックするために5営業日休ませるというものですが、実際にはそんなチェックしていません。

なんだよそれって思いますが、この休みをとらせることは一定の抑止力になるのかなと感じています。というのも不正を行っている銀行員というのはバレるのを恐れて休みをとりたくないはずです。しかし、強制的に5営業日休まなくてはならないと同僚や上司に仕事を引き継がなくてはなりません。そうなると取引先との不正が明るみにでる可能性は高まります。そうすると不正はやめようという心理が働き、不正に手を染める前に思いとどまらせる効果が少しはあるのではと考えます。また、銀行員は最大でも4年間しか同じ支店にいることができませんし、異動のタイミングも人それぞれで予測は難しいです。これも不正を事前に防ぐ抑止力の効果を持っているのだろうと考えられます。

 

 

・連続休暇を実際にとって感じた大きなメリット

そんなわけで連続休暇は建前上の不正チェックとして銀行員は毎年1度、好きなタイミング(繁忙期は基本的にとる人はいませんが)で取れる長めの休暇なのです。

そして5営業日連続で休まなくてはならないということは、月曜日から金曜日までの休みを申請すれば前後の土日をつなぎ合わせることで9連休にすることができるのです。

 

そして私もついに明日から、連続休暇にはいります!

実際に連続休暇をとることになって感じたメリットをまとめてみます。

①学生気分が味わえる

まず、1つ目に学生気分を年に1度味わうことができます。

周りの人が働いている時間に自分は休んでいるという状況が新鮮であり、そしてそれを5日間連続ということで学生気分に浸ることができます。テーマパークや映画館に行っても空いているでしょうし、大学生のように次の日を気にせずに夜を明かすこともできます。また、9日間の休みなのでヨーロッパやアメリカまで行くことも可能です。

私は勉強が趣味というところがありまして、大学の図書館で勉強する日も作れたらと思っています。どのように過ごすにしろかなりプライベートを充実させることができます。

しかしその反面、友人との休みを合わせるのは難しく、その場合は前々から予定を合わせておく必要があります。そこが少しデメリットになりますが、社内の同期と休みを合わせて海外旅行に行くという人は多くおり、どうとでもなるのかなという気もします。

 

②旅行費用が圧倒的に抑えられる

このメリットが私にとって非常に大きいです。

通常の企業で9連休をとるとなるとやはりゴールデンウィーク、お盆休み、年末年始に大体限られてくるのではないかと思います。その時期に休みがあるとお子さんのいる方などは家族との時間も多くとることができてよいかと思います。その点は羨ましいなとも思いますが、単身者の私にとってはそこまで重要ではありません。それに銀行員も祝日は休みですので連続で休むことは難しくてもゴールデンウィーク、年末年始はそれ相応に休むことができます。

連続休暇のすばらしさはオフシーズンに休みをとることができるという点です。ゴールデンウィークやお盆休み等日本中の人が休みになる時期はどこに行っても旅費はかさみます。しかし、オフシーズンに休みをとることで圧倒的に抑えることができるのです。今回の香港旅行ではANAの航空券が往復で4万円ほどであるのに対し、5月には8万円ほどで販売されています。香港でもこの差であり、ヨーロッパやアメリカなどになるともっと変わってくるでしょう。これは旅行好きの人にとっては大きなメリットではないでしょうか。

 

以上、銀行の連続休暇について紹介しました。

明日から楽しんできます!!

にほんブログ村 その他生活ブログ マネー(お金)へ
にほんブログ村