mactisの経済ブログ

ある銀行員が金融メジャーリーガーを目指して奮闘するブログ

【不動産投資】高い金利でもノンバンクで借りるメリット

こんにちは、mactisです。

 

今回は高い金利でもノンバンクで不動産投資のためにお金を借りるメリットついてを考えてみます。

 

 

大手銀行の基準を満たすことができなかった方もノンバンク等を使うことで不動産投資を行うことができます。

ノンバンクでの借入は金利も高く、リスクが大きくなります。できるなら大手銀行から借入をしたいものですが、ノンバンクで借りることにはデメリットだけでなくメリットもあります。

 今回はノンバンクで借りるメリットをまとめてみました!

 

メリット

1.自己資金が少なくても借りられる

大手銀行では相手にされない人でもフルローン(必要資金全てを融資でまかなうこと)が出やすいことは大きなメリットです。

ワンルームマンションでは通常2割以上の自己資金を入れることが求められますが、借り入れ人のハードルを下げるために自己資金がほぼゼロでも借りられることもよくあるそうです。

始めたいけど資金がないという人でも始めることができ、より早く不動産という資産を持つことができます(同時に負債も背負うことになるのは忘れてはいけません)。

また、より早くに資産を持って運用をすることは大きな資産を築いていく上で非常に大切です。この点についてはまた今度書いてみます。

 

2.築年数のいった物件でも借りられる

通常、築年数が経過した物件には融資期間は長く取ることはできません。多くの銀行は法定耐用年数−築年数までしか融資期間を設定していません。

しかし、ノンバンクなどでは築年数の基準がゆるく銀行の基準を超える期間で借り入れることができることがあります。

融資期間が伸びれば毎月の返済額は少なくなり、キャッシュフローが良くなります。その結果、銀行では収支が毎月の赤字になる案件でも黒字に持っていけることもあります。この収支が黒字であるということが不動産投資の成功への最低条件であるため、ノンバンクの強みと言えると思います。

 

3.実績の積み上げができる

 これは銀行で働いている者でも賃貸用不動産に携わっていなければわからないメリットだと思います。そしてもともと資産家でない人にとってノンバンクで借りる大きなメリットになります。

銀行は借入人の資産状況や収入状況を見て貸せるかどうかを審査します。ある程度のお金を持ってない人には貸すことはできません。

しかし、それだけでは融資額を伸ばしていくことができず、与えられる高いノルマをこなすことができません。

そのため資産家でなくても「不動産賃貸業をうまく成り立たせているか」という実績をプラスとして見て判断することもあります。いくつかの物件を所有して、しっかりと収支をプラスにしている。そのような実績を積んでおくことで次の物件を購入する際に銀行から低い金利で借り入れにつながるのです。

 

 

以上、ノンバンクで借りるメリットについて書いていきました。金利が高いということは確かにデメリットです。しかし、今回あげたメリットがデメリットを補って余りあると考える方もいると思います。ノンバンクだから借りない!といきなり候補から外すのではなく、とりあえず一度融資条件などを確認してみるのもアリかと思います。

 

 ノンバンクで借りるデメリットについてはこちらから⇓

keizaihakase.hatenablog.com