読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

mactisの経済ブログ

現役銀行員が経済情報や日常のお得を綴っていく日記

自己紹介

こんにちは、mactisです。

 

ずっとしてこなかった自己紹介をしていきます。

 

 

2016年春に大学を卒業し、銀行員として社会人生活をスタートさせました。

学歴はMARCHで、そこまで頭がいいわけでもなく、ソルジャーとして銀行員生活を送っています。

日本の企業の海外進出を手助けしたいというキラキラした思いで銀行に入りましたが、現在のところはそのような国際業務からはかけ離れたローン業務に勤しんでおります。

 

そんな銀行員生活で見たものは、経済格差を拡大していく銀行の姿でした。

 

銀行には毎日様々な人がやってきます。会社の財務担当者や社長さん、振込をしにくるおばあさんや住宅購入のためのローンの相談にくるお父さんなどなど。

銀行には非常に様々なタイプの人がやってきます。多くの人々を見てきて感じたのは貧富の差です。そして銀行業務はその貧富の差を拡大することで利益を得ているということです。

具体的に銀行はお金持ちには1%を切る金利でアパートの建設資金を融資して、貧乏人には10%を超える金利のカードローンなどで貸出をします。

お金持ちは1%で借りたお金を年5%以上の利回りで増やしていき、貧乏人は10%を超える金利で返済に苦しみます。

これが金融業におけるマーケットであり、利益を出すために仕方のないことであるのは承知しています。

しかし、これって道徳的なの?正義なの?っていう思いが心の中にあることも事実。資本主義の世の中でお金持ちがどんどんお金持ちになって、貧乏人がどんどん貧乏人になっていきます。

 

このブログはそんな資本主義において拡大していく経済格差はあるけれども、金融についての情報格差くらいは改善したいという思いで運営しています。

情報だけで経済格差は縮まらないことはわかってますが、私を含む一般人が少しでもお金に悩まされずに済むようになったらなと思っております。

そんな思いでこれからも綴っていきます。