mactisの経済ブログ

現役銀行員が経済情報や日常のお得を綴っていく日記

銀行員二年目の私の資格取得予定

こんにちは、mactisです。

以前、昨年度に取った資格はまとめましたが、今回は自己啓発も兼ねて今年度に取得するつもりの資格を並べていきます。

 

 

 

・宅地建物取引士

証券アナリスト1次試験

・簿記2級

・銀行業務検定財務2級

・TOEIC800点

 

こんな資格を取る予定です。

 

宅地建物取引士

不動産業務を行う上でマストな資格です。銀行員で持っている人はよくいます。私はアパマン担当なのでやっぱり取っておいた方がいいよなと思っています。合格率は15〜17%くらいを推移しています。しっかり勉強しないと取れない資格といえるでしょう。

試験は10月。ゴールデンウイークから勉強始めていくつもりです。

 

証券アナリスト

株や債券の分析ができるということを示すことができます。

宅建は割と持ってる人が多いので持っていても目立ちません。プラスアルファで取っていたら強いのではと考えて取ることにしました。また、証券についての知識を身につけるのは自分の投資においてもプラスになると考えてます。

最大のネックは取得までに時間がかかることとお金がかかること。受かればだいたいどの銀行でも補助が出るのでそこでまかなえるはずです。

 

銀行業務検定 財務法務2級

銀行員として昇進するために必須の資格です。2年目までに取る必要はありませんが、早めに取れば後が楽になるので今年取ります。

3級と比べるとなかなかハードになると先輩から聞いており少し頑張ろうと思います。

実際銀行以外で役立つことないので面倒です。ずっと銀行で働くかわからないしなあ。

 

簿記2級

銀行員として最低限の素養ではないかと考えています。法人の代表者と話すときにも、融資案件を考えるときにも会計の知識は必要になります。つまりこの資格を取ることは通常の業務にプラスになります。会計知識を身につけることは提案の幅、業務のスピードに繋がると考えます。より良い仕事をするためにしっかり勉強します。

 

TOEIC800点

私は海外業務をしたいのでこれくらいは最低限取っておかなくてはと考えています。英語ができなくても海外で働く人はいますが、できた方が良いのは間違いないです。英語できるよってアピールをするために取ります。ちなみに私のMAXは650点であり、かなりの努力が必要だとひしひしと感じています。こつこつがんばります。

 

こうやって並べて1年目と比べると難易度の高さが際立ちます。 1年目の頃と同じようにしていたら取ることはできないでしょう。

求められるものは増えますが、少しずつレベルアップしてる感じは楽しいものです。しっかり勉強していき、ちょくちょく公開したいと思います。

 

 

銀行員1年目に取った資格はこちら⇓

keizaihakase.hatenablog.com