mactisの経済ブログ

現役銀行員が経済情報や日常のお得を綴っていく日記

TOEICの点数が上がらない理由

こんにちは、mactisです。

 

昨日、TOEICテストを受けてきました。自分の感覚としてはまっっっったくできませんでした、、、

中学の頃から英語を勉強してきているのに全然できるようにならない英語。

なんでできないのか少し考えてみます。

 

私は中学・高校と平凡に公立の学校へ通い、MARCHクラスの大学に行きました。

英語の勉強は大学時代はほとんどやっていないようなものですが、もう10年以上やっていることになります(TOEICの回答用紙のアンケート項目に学習歴を記入する欄があってハッとしました)。

海外旅行が好きであったため旅行へ行く分には会話するのも大して困ることはないのですが、TOEICは全然伸びていません。現在のMAXは650点です。

会話はできるからまあいいでしょ。と今までは思っていましたが、実際にはそれでは意味がありません。いくら会話が何とかなっても会社から評価を受けるにはTOEICの点数が不可欠だからです。

そんなTOEICですが社会人になってから何度か受験をしましたが、ずっと600点台をうろうろするばかりです。昨日受けたものもきっとそれくらいの点数でしょう。

 

しかし、点数の伸び悩む理由はかなり明確なのです。

そう、それは圧倒的な勉強不足。

全く勉強をしていないから点数が取れない。至極まっとうな結論です。じゃあ勉強すればいいじゃないかと思うのですが、勉強できるのならとっくにやっています。私は勉強しないんじゃなくできないのです。

全く集中力が続かない、やる気が起きない。そのためにTOEICの勉強が進まないんです。

 

気持ちの問題ですね。笑

 

でも、これから仕事をしていく上で私は海外で働くという夢があります!

その夢を実現するためにはTOEICの点数が必要です。しっかりと高い点数を取って評価をされなくてはなりません。

あー、、、頑張るしかないのか、、、

めんどくさいなあ。

 

継続は力なり。毎日コツコツ。頑張っていきます。

まずはまとまった時間を土日に取ることからはじめます。

いや、そんなことより今やれよってね。