mactisの経済ブログ

現役銀行員が経済情報や日常のお得を綴っていく日記

iPhoneからandroidに換えてがっつり節約

こんにちは、mactisです。

 

今回は携帯電話の見直しの話です。

 

皆さんは携帯電話は何を使っているでしょうか。私は先月格安SIMに乗り換える前まではauiPhone6を使っていました。そして私はiPhone3GSの頃からiPhoneを使う根っからのiPhoneユーザーでした。そんな私がiPhoneを離れた理由を書いていきます。

 

 

 

はじめはいつも通りiPhoneの最新機種に変えるだけのつもりでした。

先月、いつも通り2年に1度の契約変更期間の時期が来ました。auショップへ行きiPhone7にしようかなと軽く考えていたのですが、今回はこれまでとは違い、そううまく行きませんでした。

 

「お客様の場合、一般のキャンペーンよりもお安くできまして、現在お持ちのiPhone6を下取りさせていただければ、月々7,800円ほどでお使いいただけますね」

 

 

衝撃を受けました。高い。

 

 

これまで私はiPhone6を月々5,500円ほどで使っており、友人達の話を聞いても割と安い方でした。しかし、学生じゃなくなったからか2年前にかなりの割引キャンペーンをしていたからか定かではありませんが、今回の金額には驚かされました。毎月の携帯代にそんなに払ってられないよ!

 

そして、契約変更する気満々で来店した私は少し考えますと言葉を濁し、auショップを後にしたのです。

 

その後、どのくらい私は携帯を使っているのか考えてみました。

 

実際に使っている時間は

・家から会社の間の通勤時間(往復2時間)

・朝のカフェでのまったりタイム(30分)

・昼休み(30分)

・家に帰ってからのゆったりタイム(2時間)

こんなものでした。

それに家に帰ったらWi-Fiを使うのでキャリアの回線使いません。

そう考えるとキャリアの回線を使って携帯いじってる時間は1日に多くて3時間ほどしかないことになります。この3時間のために8,000円弱払うのは馬鹿らしいなと思ったのが今回格安SIMに乗り換えた1番目の理由です。

 

2番目の理由はiPhoneの進化をそこまで魅力に感じなくなったことです。

冒頭にも書いたように私はiPhoneヘビーユーザーでiPhone 3GSの頃から使っていました。その頃はみんな今で言うガラケーiPhoneを使っている人なんて100~200人に1人くらいのボリューム感でした。それが今はiPhoneを使っている人が大半を占めています。海外ではAndroidの方がボリューム層ですが、日本はiPhone一強です。

3GSから数えてもう7年以上使っていたことになり、iPhoneの素晴らしさは十分に知っています。しかし、これまでのワクワク感を得るのが難しくなってきたという実感もあります。大した進化を感じない現状で持ち続ける意味はあまりない。そんな考えになりました。

 

iPhoneからAndroid

そしてついにAndroidへ引っ越すことにしました。サヨナラiPhone

 

選んだ機種は「HUAWEI P9 lite」値段は1万5800円でした!

性能に問題はないものの、やはりiPhoneで慣れていたため操作には若干の不便さを初めは感じました。しかし、少しずつ慣れていき、今ではそんなに不都合を感じません。この価格でこのクオリティはすごいなとひたすら感動です。iPhone7は公式サイトで72,800円とやはりかなりの価格差があります。その差は57,000円!これだけで相当な節約です。ちなみにiPhoneSEは4万円ほどで購入できるのでiPhoneを離れたくない方はそっちを検討してもいいかと思います。

 

そしてキャリアも3大キャリアからさよならして、IIJmioを使っています。

月額1,700円で使用しており、かなりの節約が実現できています。auでそのまま継続した場合と比較するととんでもない差が出てきます。ここでの節約を何に回そうかと考えると楽しみが膨らみます。

実際にざっくりと計算しました。

Phone7にしていた場合は機種代を分割にして通信料込みで月々7,800円。契約期間2年間でのトータルコストは7,800×12ヶ月×2年=187,200円

乗り換え後を概算すると機種代が15,800円。月々の通信料は1,700円。2年間のトータルコストは15,800+1,700×12ヶ月×2年=56,600円

その差は130,600円!

2年間でこれだけの節約になるのです。

 

ほぼ携帯電話使っていないという私と同じような方、結構多いのではないかと思います。年間6万5千円。ちょっとした旅行へ行けるくらいの金額です。

ちまちまと食費をけずったり、光熱費を削減しようとする前に携帯電話を見直してみるのはどうでしょうか。