mactisの経済ブログ

或る銀行員の奮闘記

日経新聞の購読、やめました。楽天証券の口座開設で日経テレコンを使う。

こんにちは、mactisです。

 ビジネスマン必須のアイテムである日経新聞をやめることにしました。経緯とやめた感想を書きます。

 

 

購読をやめた経緯

多くのビジネスマンが読んでおり、特に私のいる銀行業界で働く人で読んでいないなんて人はほとんど聞いたことがありません。

 それなのになぜやめることにしたのか

 

節約のためです!

 

は?節約って理由だけでやめるのかよ、やめていいのかよ。お前はビジネスマンじゃないのかよ。と思う方もいるでしょう。

しかし、やめたのは購読であって、読むことはやめてはいません。

日経テレコンを使って読むことにしたんです

 

日経テレコンとは?

日経テレコンとは日経新聞デジタルメディア社が提供するデータベースサービスです。

毎日の朝刊・夕刊を読めるだけでなく、速報ニュースや過去の記事の検索なども行うことができます。

料金は全機能使えるタイプだと月に8,000円~と結構な値段です。というより、ネット版日経新聞の値段が月に4,200円なのでそっちのほうが安いです。通常の日経新聞よりも膨大な情報を得ることができ、さらに朝刊・夕刊だけではカバーできないタイムリーなニュースも拾える点は良いのですが、このままでは全く節約にはなっていません。

しかし、この日経テレコン。方法次第でかなりお得に使うことができるのです。

 

楽天証券の口座を作成

楽天証券で口座を作ることで日経テレコンを無料で使うことができます。サービスの一つになっているのです。すばらしい。

他の証券会社でも日経テレコンのサービスはありますが、ネット専業で手続きも簡単そうだったので楽天証券の口座を作りました。日経テレコンのサービスを提供している証券会社はいくつかあるので「証券会社 日経テレコン」と調べてみて自分に一番合ったところで作成するといいと思います。

 

これで無料で日経新聞が読めるようになったわけですが、そんなにおいしい話はありません。

楽天証券で使える日経テレコンのサービスは無料ではありますが、全ての機能を使えるわけではなく制限が掛かります。

実際に使えるサービスは

  ・日経新聞(朝刊・夕刊)、日経産業新聞、日経MJなどの閲覧(3日分)

  ・過去1年分の新聞記事検索

  ・日経速報ニュースの閲覧

に制限されます。30年間分の情報を検索できる日経テレコンと比べるとかなりの制限がかかっていることがわかります。

しかし、これまで紙で日経新聞を読んでいるだけの方であれば全くこの情報量で問題ないと思います。

ただ、使ってみて感じたデメリットもいくつかあります。どんなデメリットを感じたか次にまとめます。

 

日経テレコンで読むデメリット

紙面のように読めない

私が日経テレコンのデメリットとして感じた点は、第一に日経を紙面のように読めないということ。私は以前から紙で読むのに反対の立場で、タブレットの紙面ビューワで読んでいました。やはり紙面通りに読めた方が、視覚的に情報を取り入れることができるので読んでいて楽しいし、記事の取り上げ方から世の中が重要視している記事を確認しやすいというメリットがあります。

しかし、日経テレコンでは紙面のように読むことはできず、ネットニュースのような形で読むことになります。初めは慣れなかったものの、購読をやめてから1か月ほど経ちますが今では違和感なく読めています。実際に日経以外の情報はほとんどネットですから読み方が統一されただけって感じですね。それでも私は紙じゃないとダメだという人には合わないでしょう。

 

読めない記事がある

そして、第二のデメリットに読めない記事があることが挙げられます。

具体的には日経新聞の一番人気といってもいい連載記事、「私の履歴書」が読めません。「私の履歴書」はかなりファンが多く、話のネタにもなります。これがなぜか著作権の関係上とのことで読むことができません。私は前からそんなに読んでいなかったのであまり影響はありませんでしたが、毎日読んでいる方には大きな影響があるかもしれません。

他の読めない記事としてはマーケット関係の指標や表があります。これも日経新聞よりもネットの方が速報性もあって良い情報を得られるので問題はないと思います。

 ※追記

 「私の履歴書」も読めるようになってました。いつもはあまり深く読んでいないのですが、日経テレコンを最後までスクロールしていったらしっかり読めるようになっていました。中には著作権の関係上読めないものもあるのかもしれません。

 

まとめ

以上、私が日経新聞をやめて感じたことを書いてきましたが、私にとってはそんなに影響はありませんでした。それよりも毎月払っていた4,200円。1年間で払う約5万円を節約することができたことが大きいです。

もちろん日経新聞は情報の質も良いですし、多くのビジネスマンが読んでいることもあり、共通の情報を得ることができるのでとても良いツールだと思います。

しかし、この時代で日経新聞しか情報手段がないはずはありません。ネットニュースのほうが速報性がありますし、経済に特化したものや芸能に特化したもの等、多くの情報を得ることができます。それなのに日経新聞に年間5万円も使って、他の情報にはお金を一切払わないというのはアンバランスな気がします。私は今まで使ってきた5万円を他の経済誌の購入やネットニュースの有料会員費に充てて、バランスよく情報を得ていきたいと考えています。それと大好きな旅行にも使っていきます。

 

ビジネスマンの情報は日経新聞からしか得られないものではありません。幅広くいろんな分野の情報を得ていきたいですね。

 

 携帯電話代の節約は大きなインパクトがあります⤵

keizaihakase.hatenablog.com

 自分の毎月の収支を把握することが節約の第一歩。⤵

keizaihakase.hatenablog.com

小さな節約よりも大きなところから手をつけましょう。⤵

keizaihakase.hatenablog.com