mactisの経済ブログ

ある銀行員が金融メジャーリーガーを目指して奮闘するブログ

先進国株式インデックスファンドで資産形成

こんにちは、mactisです。

社会人生活にも少しずつ余裕が出てきたこの頃、資産形成を考えてみました。

今回はインデックスファンドでの資産形成について書いていきます。

 

 

 

 

この頃よく拝見させていただいている証券マン@haya4ryoさんのブログ不労所得日記でこんな記事がありました。

 

株式:債券=5:5の嘘 | 不労所得日記

 

この記事によると長期投資においてはバランス型ではなく、米国株だけで十分であるとのことでした。長期のパフォーマンスは株式の圧勝であることが具体的なデータを使って説明されており、債券等に分散させる必要はないことが示されています。

証券マンさんのブログは株だけでなく金融のリテール営業や筋トレなど、いろんな記事があって参考になります。なにより面白いのでオススメです。

 

また、最近読んだプライベートバンクについての本にも、海外の富裕層のポートフォリオは主に株式で組み立てられているということが書かれていました。それだけでなく、かの有名な投資家ウォーレン・バフェットもプロでない人はS&P500に投資することが良い方法であることを明言しています。

 

 

バランスさせないとダメでしょ!という教科書を読んでせっせと積立投資をしてきた私ですが、実際のところ考えなしにとりあえずやっていただけだったことに気づきました。

こんな感じで⤵

keizaihakase.hatenablog.com

 

これまでコツコツと日本株式・日本債券・海外株式・海外債券・海外REITに分散させて積み立ててきた私ですが、長期投資を念頭において積み立てていたので株式だけでもよかったのかな?と考えるようになりました。

 

 

そして!

これまでの投資スタイルをやめて、来月からは

ニッセイ外国株式インデックスに絞ってコツコツ積み立てることにしました!!

 

さらに!

これまではひとつのファンドに5,000円ずつで毎月合計25,000円を振り分けてきましたが、この頃少し余裕がでてきたので毎月50,000円を積み立てていきます。

 

株だけのポートフォリオでは日常生活での突発的な出費に対応できないので、日本円での貯金も毎月30,000円積み立てていくつもりです。

 

合計して毎月80,000円

 

なかなかハードではあるけど、輝く未来のために。

 今後、私の資産ポートフォリオは海外株式:日本円預金=60:40のようになっていく予定です。資産としては海外比率が高くなりますが、私は日本で働いているため収入を考えるとリスクの分散としてはこれもありなのではないかと思っています。

預金が増えてきたら他にもいろいろ手を出していくぞ。

 

 

 

参考にしたプライベートバンクについての本の書評を書きました。⤵

keizaihakase.hatenablog.com